PRODUCTION NOTE

「癒しのこころみ~自分を好きになる方法~」プロデューサーが綴るプロダクション・ノート

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.14「シナハンとロケハン」」

脚本を進めていく上で、重要なことのひとつにシナリオ・ハンティングというのがあります。これは、あるシーンで使う場所について脚本を仕上げる上で、実際にその場所に行ってみないと書けないことがあります。そのため、脚本家と監督などで、その場所に行って実際に見たり聞いたり体験したりして、それを脚本に反映していきます。こ...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.13「オーディション」

今回のキャスティングでもいくつかの役については、オーディションを行いました。篠原監督や私が関わったゴールデンエッグ・プロジェクトを始めとして、多くの事務所から多数の申込があり、活況を呈したオーディションになりました。オーディションは想定している役に対して演技をしたり面接をしたりして決めます。今回もそうでした...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.12「藤原紀香さんのキャスティング」

藤原紀香さんとは、林海象監督の紹介で会って、その後、10年以上に渡って特別非営利法人「SMILE PLEASE 世界こども基金」とういう団体を一緒に運営してボランティア活動をしている友人です。このNPO法人では、世界の子どもたちが心豊かに笑顔で生活し夢を実現する未来の創造に寄与することを目的として活動してい...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.11「キャストの決定」

主役のセラピスト役は、若い女性に人気のある女優さんから探そうということになり、若い女性に人気があって笑顔が抜群に素敵な松井愛莉さんに決まりました。 相手役の劇団エグザイル八木将康さんが演じる役は、元プロ野球選手の設定です。調べたら八木さんは駒大苫小牧高校でヤンキースで活躍している田中将大選手と一緒に甲子園に...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.10「映画らしい映像」

篠原監督と脚本を進めていく中で、セラピストを描く中心は、勿論、リラクゼーションスペースになるが、動きもないし、映画らしい映像にならないということが問題になりました。もっと広がりのある映像を撮りたいというところから野球シーンと富士山静養園シーンを撮ろうという流れができました。 特に森林セラピーというのを提案し...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.9「マッサージとリラクゼーションの違い」

映画の中にも、「マッサージとリラクゼーションはどう違うのか」というセリフがあるのですが、私も初めはわかりませんでした。私の場合、肩が凝りやすいので、良くマッサージをしに近くのお店に行くのですが、業界的にはこれはリラクゼーションということがわかりました。マッサージというのは、病気の治療をする行為のことを指すそ...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.8「本格的な脚本作り」

映画の成否について日本でも世界でも、もっとも重要なものは脚本です。世界の企画マーケットにプレゼンする時も監督やプロデューサーや企画書の出来も重要ですが、基本は脚本が面白いか面白くないかが一番重要です。 今回、監督が決まったことで、脚本作りも本格的に監督と練り上げて行くことになりました。特に今回は原作ものでは...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.7「篠原哲雄監督の決定」

映画をプロデュースすることにおいて重要なことにひとつに監督の決定があります。今回の話をいただいてから他のプロデューサーと話し合い何人か候補があげられました。 その中に日本アカデミー賞優秀監督賞をとられている篠原哲雄監督も候補にいらっしゃいました。他のプロデューサーが篠原監督は多忙だし、引き受けてくれるのは難...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.6「セラピスト日本一を目指して!」

多くのリラクゼーションの会社が所属している一般社団法人日本リラクゼーション業協会では、毎年1回リラクゼーション・コンテストという大会を開催しています。このコンテストは、個人のセラピストが競うセラピスト部門と店舗が競うスペース部門という2つの部門があります。初めて拝見したのは2018年で、スペース部門は協会加...

プロデューサー

プロダクション・ノートVol.5「どうやってセラピストデビューするのか」

プロットで書いた主人公は派遣社員から転職してセラピストになっていくのですが、今回はどうやって一人前のセラピストになっていくのかを書いていきたいと思います。会社によって違うそうですが、概ね二週間から一か月程度の研修期間を経て店に配属されることが多いようです。研修では、体の仕組みや接客のコツなど座学から、実技研...